公開日2019.10.28

僕は39歳で、ある日突然肩が上がらなくなり、腕が背中回らなくなりました。

 
デスクワークを3〜4時間した後に背伸びをすると肩に激痛が走ったのです。

IMG_4017

症状を検索してみると

四十肩、五十肩 でした。

「えっ、どっち❓❓❓」

と思い、調べた事をまとめました。

オススメの体操

その前に僕がやって症状が改善した体操を紹介します。

この体操は、徳島県のデイサービス、訪問看護、リハビリ専門の『For Youグループ』が考案し、同県で活躍しているシンガーソングライターの『板東道生』さんが曲をつけた『For  You体操』です。
 
この体操は音楽と健康アワード
『音健アワード2018』
最優秀賞を受賞しました!

軽い全身運動ができます!

無理せず楽しく運動出来ますのでオススメですよ。





曲のみ↓

とりあえず大まかに説明

四十肩、五十肩には二段階あって、

  1. 激しい痛みの急性期 
  2. 肩が動かしにくくなる慢性化
があります。

急性期は安静に! 慢性期は運動を!

しかし、半年から1年半ほどで自然に痛みが軽くなり、肩が動かせるようになるそうです。

これは朗報ですね。


それでは少し詳しく説明していきます。


正式な名前
正式名称は

『肩関節周囲炎』です。

肩関節の周辺組織に生じた炎症によって痛みます。

40代以降に発症する事が多いそうです。

くどいようですが僕は39歳です。





組織の炎症とは
年齢とともに肩の部分にある関節を覆うや、骨同士を結ぶ靭帯の柔軟性が低下する事によって起こるそうです。




症状は?
症状は二段階あります。


1.  激しい痛みの急性期


ある日突然肩を動かした時に肩に鋭い痛みが発生するのが四十肩、五十肩の発症パターンでそのほとんどが片方の肩みたいです

その後、二の腕ひじ手先にも痛みが伝わり、シビれが出る事もあります。

この時期は安静が必要です。

しかし、急激な痛みは数日で治ります。


2.  肩の動く範囲がせまくなる慢性期


急性期な痛みが治まると、鋭い痛みから鈍い痛みへと変わります。

そして肩が動く範囲が狭くなります。

特に腕を上げたり、背中に回せなくなります。

しかし、この時期に、痛いからといって動かさないと組織の癒着が起こり悪化して治りが遅くなります。

肩を回す運動をしましょう。

IMG_4014
前に後ろに10回ずつ程回しましょう



冷やさない
肩が冷えると痛みが出てきます。

カイロお灸で温めたり、ぬるめのお湯
入浴するのもいいですね。
 


しかし、急性期の激しい痛みの時に冷やすと和らぐようでしたら、氷のうなどで15分ほど冷やすのも良いそうです。


四十肩と五十肩の違い
肩関節周囲炎』は、もともと五十肩の正式名称ですが、発症時期は40代〜60代と幅広く、若年層の発症も見られるようになってきたので、最近では四十肩とよぶ事も多くなったようです。

つまり四十肩五十肩も同じ事なんですね。

まとめ

僕は、前述した『For  You体操』でかなり
良くなりました。
 
ピーク時は頭を洗えなかったんですから。

今は痛みがなくなり少しずつですが腕を背中に回せるようになりました。

まあ、自然治癒するという事ですから、焦らず生活しようと思います。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは今日も

お疲れ様でした!