男子マラソン、ケニアのエリウド・キプチョゲ(34)が10月12日フルマラソンで2時間切りを達成し、新しい歴史をつくりました。

人類初の2時間切りに挑戦するイベントが12日、オーストリアのウィーンで開催され1時間59分40秒の記録を叩き出しました。


しかし、諸条件を満たしていないため国際陸上連盟からは国際記録として公認されず、非公認となりました。

記録達成を可能にするために、プラーター公園に作られた、ほぼ平坦な周回コースで行われ、風よけやペースメーカーなど総勢40名のサポートを受け記録達成を果たしました。

ペースメーカーには、男子1万メートルで日本記録を持つ村山紘太(旭化成)も参加しました。


yjimage


キプチョゲ獲得メダル


オリンピック

・2016年 リオデジャネイロ 男子マラソン 金

・2008年 北京 5000m 

・2004年 アテネ 5000m 


世界選手権

・2003年 パリ 5000m 

・2007年 大阪 5000m 


世界室内選手権

・2006年 モスクワ 3000m 



ナイキ 厚底シューズ
yjimageQEF86YCI

ナイキ ズーム ヴェイパー公式サイトはこちら


2018年発表されたシューズ

ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4

このシューズはフルマラソン2時間を切るプロジェクトBreaking2の為に開発されたそうです。

ボストン・マラソンでは大迫傑選手もこのシューズで快走を見せたそうです。



話題のドリンク MAURTEN(モルテン)
yjimageW5U3G5QK
モルテン公式サイトはこちら

走るためのエネルギーとして炭水化物が必要ですが、摂りすぎると腹痛を起こすらしいです。

なんでも摂り過ぎはいけませんね。

そこで革命的ドリンク モルテン

モルテンの炭水化物濃度は16%です。

ハイドロゲルという新技術によって今までの3倍の高濃度の炭水化物をエネルギーに変換できるようになったそうです。

まとめ

科学技術の進歩によって、様々なスポーツで素晴らしい記録が出ています。

日本人も世界で十分通用するようになりましたね。

2020年は東京オリンピック・パラリンピックですね。

選手も技術者も切磋琢磨しているようですね。

以上。 最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、今日も1日

お疲れ様でした!