公開日2019.10.9


皆さんは歯医者さんで治療をしてもらった事がありますか?


優しい先生もいれば、ちょっと怖い先生もいると思います。

どっちに通うか選べと言われたら、優しい先生がいいに決まってますよね。

現在、僕はフリーで歯科技工士を生業としています。

今までに50人以上の歯医者さんと出会い、それぞれの治療のスタイルを見てきました。

そんな僕の経験から、

  • どんな歯医者さんに治療してもらいたいか。

  • 安心して任せられる歯医者さんとは?

  • 歯ってどこで誰が作ってるの?

について書きましたので、よろしくお願います!


歯科医の資質

歯科医の仕事というのは、分類すると職人です。

IMG_3795

狭い口の中に生えてる、小さな歯🦷を削ったり、軽い虫歯なら直接口の中で治したり、一番奥に生えている親知らずを抜いたり、外科的な治療の後には縫合したりもします。

歯科技工士の立場からすると、歯を綺麗に削ってくれていれば、綺麗な歯を作ることが出来ますし、逆だと上手く作れません。

つまり、器用な先生だと安心ですよね。

でも残念ながら、これは口コミなどでしかわかりません。
FullSizeRender
歯科医が削った上の前歯の模型。模型上で白い歯を作ってかぶせます。


FullSizeRender
作った白い歯

どんな歯医者さんがいいの?
IMG_3794

結論から言えば

ミスを認める歯医者さんです。
 
皆さんは治療に行った時に先生や衛生士さんから

「歯型が上手くとれなかったので、もう一回とらして下さい。」

とか、

「作った歯が綺麗に合わないので作りなおさせて下さい。」

なんて言われた事はありませんか?

一見、下手な歯医者だなって思うかもしれませんが、上手な先生でもよくある事です。

そして、歯型がうまくとれなかったり、作った歯が少しぐらい合わなかったとしても、

「綺麗に出来ましたよー!」

などと言ったりして、ゴマかす技を持っています。

IMG_3793

少しでも合ってない歯を入れると、冷たい飲み物がしみたり、数ヶ月後に、また虫歯になったりする事があります。

そして、また歯医者さんで治療しなければいけません。

先生は上手いことを言って自分のミスを隠します。素人相手なので簡単な事です。

それよりも、ミスを認め、患者さんから

えっ!?」「何?めんどくさっ!

なんて思われても、最善を尽くす先生の話方がいいですよね。

ミスはいくらでも隠せます。

でも、それをしないという事は、ちゃんと治療してくれているという事です。

そんな先生は安心ですよね。

人気があったダメ歯科医

僕の知ってる先生で、人気があったダメ歯科医を紹介します。

その先生は治療がスムーズに進む上に人当たりが良く、とても人気がありました。

歯を削るのが早くて、作った歯もしっかりセットしていました。

しかし、削るのがすごく雑!

何度も

「先生、これでは綺麗に作れません。削りなおしてくれませんか?」

とお願いしたのですが、
 
「できる限りでいいから作って。」

と言われて、泣く泣く作っていました。

結果、隙間だらけの歯しか作れませんでした。

でも、その先生は絶対に合ってない歯を無理矢理セットしていました。

患者さんには、

「綺麗に入りましたよ!」

と言っていたそうです。

患者さんも治療が早く終わってご機嫌です。

その先生は雇われ院長だったので、自分で開業して分院を辞める事になるんですが、
患者さん達は、とてもがっかりしていました。

患者さんには合ってない歯をセットされても、まず気付きません。

恐ろしいでしょ?

歯はどこで作ってるの?🦷

歯は僕のような歯科技工士が作っています。

IMG_1157
お気に入りの歯🦷


近年では「ラボ」と呼ばれる歯科技工所に歯科技工士が勤めていて、そこに外注している歯医者さんがほとんどです。

あとは「院内ラボ」と言って、歯医者さんが歯科技工士を雇っている場合があります。

院内ラボだと、歯科技工士が作った歯のセットの様子を直接見たり、前歯など白い歯を作る場合は、歯科技工士が患者さんと作る歯の色を決めたりする事が出来ます。

これも安心材料になりますよね。

僕も独立する前は院内ラボに勤めていたので、患者さんとお話しする事は楽しかったですし、特に仲良くなった患者さんなんかだと、全力を尽くすようになります。

もし、院内に歯科技工士がいる場合は仲良くなった方がいいですよ。


まとめ

もちろんスムーズに治療が進む方がいいに決まってます。

でもトラブルがあったとしても、ミスを認め、しっかり説明してくれる先生がよくないですか?

あと、かなり虫歯が進行するまで放っておいて

「なんで、こんなになるまで放っておいたんだ‼︎」

なんて叱ってくれる先生も僕は好きです。

以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは今日も

お疲れ様でした!