こんばんは。ゆうさくです。

サウジアラビア王国🇸🇦の政府が10/6、Twitterで声明を出しました。 

観光で同国を訪れる未婚の外国人男女が一緒にホテルに宿泊する事を可能にする。という事らしいです。 

えっ!?  ダメだったんや!

サウジアラビア🇸🇦では、これまで男女が宿泊する際、婚姻証明書の提示を求めていたらしいです。

しかし、「もう、旅行者カップルに、こういうものは求めない。」と発表しました。

また、身分証明書を提示すれば、サウジアラビア人でも女性だけの旅行者にも宿泊を認めるそうです。


色々と厳しいサウジアラビア王国🇸🇦

調べていると死刑制度に興味が湧いてきたので、わかりやすく書いてみました。

IMG_3754
地色の緑はイスラム教の聖なる色。 アラビア語で「アッラーの他に神はなく、ムハンマッドは神の預言者である。」 というコーランの一節と、聖地メッカの守護を意味する剣が描かれている。

保守国サウジアラビア🇸🇦

イスラム巡礼者や外国人労働者などに限り、ビザ(入国する為の証明書)を発行していたサウジアラビア🇸🇦は極めて保守的で戒律の厳しい国であることが知られています。

しかし、9/27サウジアラビア政府は観光目的のビザを発行すると発表しました。

IMG_3760

この発表は、ムハンマド皇太子が主導する『サウジアラビア経済の石油依存脱却計画』の1つみたいです。


つまり、サウジ経済は石油の輸出に頼りすぎているので、「これからは観光にも力を入れよう!」という事ですね。

一方で露出度の高い衣服の着用など公序良俗(公の秩序と良い風俗)を乱す観光客の行動は引き続き罰金の対象となるそうですのでサウジに旅行に行く方は注意して下さいね。

IMG_3766

飲酒もできませんよ。🍺

厳しい死刑制度

サウジアラビア🇸🇦では人命を奪わない犯罪に対しても死刑が適用される事が多いそうです。

以下 適用される犯罪

  • 殺人
  • 窃盗
  • 麻薬の密売
  • 同性愛
  • 不倫
  • 婚前性交渉 (ただし、男側が「女が誘惑した」と主張し、司法も認め、女のみが死刑になる事が多い)
  • 強姦
  • 売春
  • 国王に対する冒涜
  • イスラム教に対する冒涜
  • 飲酒 (ただし、死刑になる事は稀で、ほとんどは鞭(むち)打ち刑)

珍しい事例では、2005年、魔術を使ったとされる女霊媒師が死刑になっている。

死刑の執行方法

公開処刑と非公開処刑がある。公開処刑の対象者は主に『不道徳な行為を行った者』とされているが、『不道徳』の基準ははっきりされていないそうです。

死刑執行はモスク(イスラム教の礼拝堂)の近くにある『首切り広場』と呼ばれる場所で行われ、金曜日の礼拝後に執行されるそうです。

IMG_3771

公開処刑の場合は、被害者の遺族などが呼ばれるそうです。

公開処刑はイランや🇮🇷北朝鮮🇰🇵でも行われているそうです。

死刑執行の方法

日本では絞首刑が採用されていますね。要するに『首吊り』です。

では、サウジアラビアの執行方法を見ていきましょう。
  • 斬首刑
  • 絞首刑
  • 銃殺刑
  • 石打ち刑(下半身を生き埋めにして、大勢で投石をする)

死刑執行人

サウジアラビア王国において、死刑執行人は神聖な職業とされています。

死刑執行人は世襲制で先祖代々、受け継がれているそうです。

日本でも江戸時代の死刑執行人の一族、山田浅右衛門の世襲が明治まで続いたそうです。

サウジアラビアで神聖な職業とされている理由は、執行する直前まで死刑囚を許すかどうか、執行人が遺族に問い続け、遺族が許せば減刑され、死刑執行は中止されます。

つまり、減刑特権を有する存在であるから、という事のようですね。

実際に減刑される例も少なくないそうです。

王女の死刑

1977年、マシャイル王女の死刑が執行されました。19歳でした。

彼女はサウード家の女性で、ハーリド国王(1977年当時)の兄の孫娘に当たります。

王女死刑執行までの経緯

彼女自身の希望でレバノン🇱🇧に留学中、サウジアラビア大使の甥と恋愛関係になったそうです。

そしてサウジアラビア🇸🇦では重罪の婚前性交渉を犯します。

帰国後もその関係は続いたそうです。

彼女は男性と共に国外逃亡を図ります。

しかし、変装をして出国しようとしていましたが逮捕されてしまいます。

そして裁判にかけられ、2人に死刑が確定。

彼女は公開で銃殺刑に、男性は斬首刑になったそうです。

後にこの事件は、ジャーナリストで映像作家のアンソニー•トーマスが、Death of a Princess (ある王女の死) という作品を製作し、アメリカ、イギリス、ヨーロッパ各国で放送されたそうです。案の定、サウジアラビア政府からは厳しい反応があったそうですけどね。

まとめ

IMG_3765

サウジアラビア王国🇸🇦の観光客に対する緩和のニュースから死刑の話題になってしまいました。

僕自身、『死』に興味があり、『死刑』というものに以前から興味がありました。

そういう人は多いんじゃないかなと思っています。

死刑制度の賛成反対の議論をしたいわけではありません。

北朝鮮🇰🇵や中国共産党🇨🇳の不条理な死刑は断固反対ですが。

人が人の『死』を決定し、執行するということを考えると、恐ろしくもあり、同時に覗き見願望​のような気持ちが湧いてきます。

実際、ドキュメンタリー番組で死刑執行部屋を見たときはゾクゾクしてしまいました。

話のまとめ方がわからなくなってきました。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、今日も、

お疲れ様でした!